女性

肥満は本当に危険「脂肪肝のトラブルを解消するために」

優劣はあるのか

サプリとレディ

実は全く違うもの

スピルリナとクロレラはどちらも藻で、人間が生まれる前から地球上に存在していました。同じように見えるスピルリナとクロレラですが実は全く違うものなのです。スピルリナは緑藻類で、長さが0.3〜0.5mmという大きさがあり、藻の中では大型になるので収穫がしやすいものです。食用として長い歴史を持っていて、95%という高い吸収率を誇っています。それに対してクロレラは藍藻類に属していて細胞壁が固いという性質があります。そのため、そのまま摂取しても栄養素が吸収されにくく、大半の商品は消化吸収を良くするために細胞壁を破壊する処理が行われています。細胞壁を破壊したもので体内での吸収率は58.7%と言われているので少し劣ってしまいます。

不足した栄養素を摂取する

スピルリナとクロレラどちらにも共通して言えるのは、毎日の食生活で不足しがちな多くの栄養素を含んでいるということです。毎日の食生活は仕事で忙しい人でなくても完璧な栄養摂取が出来ているといえる人はあまりいません。そのため、不足してしまった栄養素を摂取するために、スピルリナやクロレラと言ったサプリメントを摂取するのは健康にとってとても良い影響を与えてくれるでしょう。「どちらか優れた方を摂取したい」と考えてしまいますが、全く種類が違うこの2種類に優劣はありません。スピルリナに多く含まれているもの、逆にクロレラに多く含まれているものなど様々なので、それぞれに含まれている栄養素をしっかりチェックして自分に合ったものを使うことが重要です。